2015年06月03日

windows10を入手する

こんにちはパソコン屋@SABです

windows7またはwindows8.1をご利用中の方は、必ずこちらの内容をご確認ください。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、6月1日よりwindows10への無料アップグレード(予約)が提供されました。
↓↓↓ 画面上にこのようなアイコンがでています ↓↓↓





※このアイコンは、6月3日現在ご使用のパソコンがwindows7またはwindows8.1のものに表示されます。詳しくは、windowsupdateをした際に含まれるファイル「KB3035583」により表示されるものです。Microsoftから正式に配布されているもので悪意のあるプログラムではありません。

安易にクリックをしないでください!



失礼しました。コチラのサービスを利用される前に、まずこの記事をご一読ください。



まずwindows10の説明から

デスクトップ優先になります。
windows8の場合、起動時に表示されていた「ライブタイル」がなくなり、起動後デスクトップが表示れるようになります。
ライブタイルはスタートメニューに統合されます。



ソフトの入手するためのツールが使いやすくなります。
windows8/8.1に導入されていた機能ですが、スマートフォンのように「ストアアプリ」があります。そこから新しいソフトを入手できるようになります。入手できるソフトには有償の物、無償の物それぞれあります。


インターネットを閲覧するためのソフト(ブラウザ)が新しくなります。
これまであった「Internet Explorer」の後継ソフトとして「Microsoft Edge」が導入されます。


32bit・64bitに対応。
アプリケーションごとに互換モードを適用させることができ、95、98/Me、xp(SP2)、XP(SP3)、Vista、Vista(SP1)、Vista(SP2)、7、8それぞれの動作環境でプログラムを実行することができます。


「いいですか皆さん、新機能も満載の最新版のwindouwsですよ!」
「しかも!今なら、なんと無料!無料で移行できますよ!」
「今から1年間だけのサービスです。予約ボタンからお申込み出来ますよ!」


Microsoftさんが声高々に謳っております。

「最新!しかも無料!!ラッキー♪」
と思ったあなたまだです、まだ待ってください。

確かにその通りなのですが、宣伝にある内容が全て不具合なく動く保証はありません。
ご使用中のプリンターなどの周辺機器は対応しているとは限りませんし、
元々入っていた(今まで使っていた)ソフトが動かなくなる事もあります。


特に会計ソフト・B2などの伝票作成ソフトをご使用の方は要注意



業務でお使いのパソコンであれば、不具合が起きた段階で業務が止まる恐れがあります。

本件に関しては、新しい情報が分かり次第、順次記事をあげさせていただきます。


移行までの期間は1年間猶予がありますのでいまのところは、

情報が確認できるまで、しばらくお待ちください。




同じカテゴリー(windows10)の記事画像
Windows10 ディスプレイの電源が切れないようにする方法
Windows10 アップグレード抑止方法
勝手にWindows10にアップデート
同じカテゴリー(windows10)の記事
 パソコンのトラブル (2016-07-12 18:22)
 Windows10 ディスプレイの電源が切れないようにする方法 (2016-05-31 18:09)
 Windows10 アップグレード抑止方法 (2016-05-24 11:33)
 勝手にWindows10にアップデート (2016-05-20 18:06)
この記事へのコメント
無償でアップグレード!?すげーっと一瞬思ったけど、本来無償ですべきことを金払わせた、マイクロソフトの戦略・・・今までOSにいくら使わされたことか・・・(>_<)
Posted by 原田鈑金塗装原田鈑金塗装 at 2015年06月04日 11:11
世の中、根っこを握ったもの勝ちの構図ですね・・・(x_x)

様々なうわさが飛びかっています。
くれぐれもご注意ください。

新しい情報をお待ちいただくのが今のところオススメするベストアンサーです。
Posted by パソコン屋@SAB at 2015年06月04日 15:49
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。